あたらしい ぼく

 

 

ある日ぼくは、今までの自分と違う自分がいることに戸惑います。

 

好きだった柄の壁紙も、ビー玉も、友達との時間も、集めたカードも、

ぼくは好きになれません。

 

でもひとつ、新たに、とても魅力的に感じるものに出会います。

 

 

きっと誰もが、あたらしい自分に気付くときがありますよね。

それを「大人になる」と表現する人もいるけれど、

この本の中では「あたらしいぼく」。

これからも、たくさんの自分に出会っていけますように。

 


 

<作者紹介>

●シャーロット・ゾロトウ

1915年、アメリカ・ヴァージニア州ノーフォークに生まれる。出版社で児童図書の編集をするかたわら絵本作家として活躍した。

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
あたらしい ぼく
作:
シャーロット・ゾロトウ
絵:
エリック・ブレグヴァド
訳:
みらいなな
出版社:
童話屋

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら