ぼくのくれよん

 

とっても大きなくれよんのお話です。

 

じつは、ぞうのくれよんなのです。

 

ぞうが描く大きな絵に動物たちはふりまわされ、困ってしまいます。

 

とうとう、ぞうはらいおんにおこられてしまいました。

 

それでも、まだまだ大きなくれよんで絵をかきつづけます。

いったいどんな絵をかいているのでしょう。

 

のびのび描く姿を見ていたら、

お絵かきをしたくなってくるかも?

 


 

<作者紹介>

●長 新太

1927年東京生まれ。蒲田工業高校卒業。「おしゃべりなたまごやき」(福音館書店刊)で文芸春秋漫画賞、国際アンデルセン賞国内賞、「はるですよふくろうおばさん」(講談社刊)で講談社出版文化賞受賞。「たぬきのじどうしゃ」(偕成社刊)「みみずのオッサン」(童心社刊)などの作品がある。

 

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ぼくのくれよん
作:
長 新太
出版社:
講談社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧