てんしと くつやさん

寒くて震えていたミハエルは、まずしいくつやさんとおかみさんに助けられました。

 

その後、ミハエルは、くつやさんとして

一緒に働かせてもらうことになったのですが、

ミハエルが作ったくつは、次から次へと不思議な起るのです。

 

ミハエルは一体は、なにものでしょう。

 

そして、くつやさんとおかみさんと一緒に過ごす中で、

“あるもの”をみつけます。

 

優しさと温かさに包まれ、こころがあたたまる一冊です。

 

 


 

<作者紹介>

●トルストイ
19世紀ロシア文学を代表する巨匠。
ヤースナヤ・ポリャーナに地主貴族の四男として育つ。
ルソーを耽読し大学を中退後、暫く放蕩するが、従軍を機に処女作『幼年時代』等を発表、賞賛を受ける。
帰還後、領地の農民の教育事業に情熱を注ぎ、1862年の幸福な結婚を機に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』を次々に完成。

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
てんしと くつやさん
作:
渡 洋子
絵:
かすや 昌宏
出版社:
至光社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら