かたつむりのひみつ

 

マイマイ、でんでんむし、いろんなよびかたがあるカタツムリ。

かべも、つるつるしたガラスも、葉っぱのうらもどんどん登っちゃう。

じつはかなりの筋肉マンです。

 

そんなかたつむりが 何を食べているのか、

うんちはなにいろなのか、

うずまきはどっちから巻いているのか…

 

美しい写真と共に、しっているようでしらない、かたつむりのひみつに迫ります。

 

かたつむりがいとおしくなる絵本です。

 


 

<作者紹介>

●監黒住耐二(くろずみ たいじ)

1959年、京都府生まれ。小学校3年生の夏休みの自由研究で貝殻集めをしたことがきっかけで、貝のコレクションに没頭。琉球大学で専門的に貝を学び、現在は千葉県立中央博物館の貝類学者として活躍している。

 

●武田晋一(たけだ しんいち)

自然写真家。1968年福岡県生まれ。福岡県直方市在住。山口大学理学部生物学科卒業。

大学院修士課程を修了後フリーの写真家としてスタートし、主に水辺の生き物にカメラを向け、身近で見落されがちな素朴な自然を伝えることにこだわる。主な著書に「だんごむしのかぞく」「めだかのがっこう」(世界文化社)「ザリガニ」「カタツムリ」(ポプラ社)、共著に「都会にすみついたセミ達」(偕成社)「アマガエルの親子」(旺文社)など。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
かたつむりのひみつ
作:
黒住 耐二(千葉県立中央博物館)
文:
武田 晋一(オアシス)
出版社:
ひさかたチャイルド

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら