きょうというひ

 

今日という日のはじまりです。

ロウソクにひがともります。

女の子は、ゆきでロウソクが入るくらいの小さな家をたくさん作ります。

 

“きょうというひの小さな いのりが

きえないように、きえないように・・・

そらをみあげて祈ります。”

 

ロウソク1本1本に、”大切な命が消えないように”と、

祈りが込められているかのように、

女の子の寂しさと、暖かさが伝わります。

 

今日という日は、今日だけであり、1日1日を、

大切に過ごしていきたいと感じる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●荒井 良二

1956年山形県生まれ 日本大学芸術学部芸術学科卒業。

イラストレーションでは1986年玄光社主催の第4回チョイスに入選。1990年に処女作「MELODY」を発表し、絵本を作り始める。1991年に、世界的な絵本の新人賞である「キーツ賞」に『ユックリとジョジョニ』を日本代表として出展。1997年に『うそつきのつき』で第46回小学館児童出版文化賞を受賞、1999年に『なぞなぞのたび』でボローニャ国際児童図書展特別賞を受賞、『森の絵本』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。90年代を代表する絵本作家といわれる。

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
きょうというひ
作:
荒井 良二
出版社:
BL出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら