もしぼくが本だったら

 

イラストと色彩に惹かれ、手に取りました。

 

もしぼくが本だったら

本棚のかざりにするのは

かんべんしてほしい。

 

といった本のつぶやきがたくさん。

 

本の気持ちになって読むと、

思わず頷いてしまいます。

 

シンプルですが、心に響き、

本に対する愛情が更に深まる絵本です。

 


 

<作者紹介>

●ジョゼ・ジョルジェ・レトリア

1951年ポルトガルのスイス生まれ。詩人。

1970年よりジャーナリストとして多数の新聞雑誌で執筆をはじめ、同時にテレビやラジオの脚本家、児童文学作家としても活躍。

絵を担当したアンドレ・レトリアの父。

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
もしぼくが本だったら
作:
ジョゼ・ジョルジェ・レトリア
訳:
宇野 和美
出版社:
KTC中央出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら