こんとあき

 

おばあちゃんが孫のあきにプレゼントしたきつねのぬいぐるみ こん。

 

あきが大きくなるにつれ、いつも一緒に遊んでいたこんの体は

少しほころびてしまいました。

こんをなおしてもらうため、ふたりは電車に乗っておばあちゃんのうちへ向かいます。

 

ふたりはぶじにおばあちゃんに会えるのでしょうか?

 

あなたの こん、どうしてますか?

だいすきなぬいぐるみに話しかけたくなる、おはなしです。

 


 

<作者紹介>

●林 明子(はやし あきこ)

1945年、東京生まれ。横浜国立大学教育学部美術科卒。「きょうはなんのひ?」(福音館書店)で、第二回絵本にっぽん賞受賞。「おふろだいすき」(福音館書店)でサンケイ児童出版文化賞美術賞受賞。「はじめてのキャンプ」(福音館書店)でフランスの絵本賞LE GRAND DES TREIZE(十三人の審査員による大賞)を受賞。絵本に「はじめてのおつかい」「あさえとちいさいいもうと」「いもうとのにゅういん」「とんことり」「おでかけのまえに」「おいていかないで」「はっぱのおうち」

「きょうはなんのひ?」(以上福音館書店)「もりのかくれんぼう」(偕成社)「びゅんびゅんごまがまわったら」(童心社)「まるいちきゅうのまるいいちにち」(童話屋)などがある。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
こんとあき
作:
林 明子
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら