あのおと なんだ

 

ねつが上がって眠れないよる。

「ぼく」は あのおと が聞こえて、パジャマのまま外にでます。

あのおとは、ぼくをよんでいるのに、それはともだちの声ではありません。

あるいてあるいて探しに行く…

あのおと なんだ

 

絵本の中は、よる一色。

不安とさみしさに胸がざわざわする よる の色彩に包まれ、

不思議な、でも怖くない、長い夢を見ているような…そんな気持ちになります。

 


 

<作者紹介>

●谷内こうた

1947- 昭和後期平成時代の画家。
昭和22101日生まれ。叔父谷内六郎のすすめで絵本制作にはいり,昭和46年「なつのあさ」でボローニャ国際絵本展グラフィック賞,48年蔵富千鶴子文「のらいぬ」でブラチスラバ世界絵本原画展金のリンゴ賞。しずかで内省的な画風に特徴がある。画集に「木かげに」など。東京出身。多摩美大中退。本名は鋼太。

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
あのおと なんだ
作:
武市 八十雄
絵:
谷内 こうた
出版社:
至光社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら