最初の質問

 

やわらかい言葉で、ゆったりと語りかけてくる「質問」による詩集。

それは、日頃、何気なく見ていたこと、忘れかけていた風景を、

そっと思い出させてくれる質問。

 

「今日、あなたは空を見上げましたか」

「空は遠かったですか、近かったですか」

 

すぐに言葉が見つからなくても、1ページごとの質問に向き合うだけで

なぜか、気持ちがリセットされていくような気がします。

そして、やさしい色彩で描かれた挿絵が、よりいっそう、

読み手の心を穏やかにしてくれます。

 

一度、この本を手に取って、お子さんと一緒に

「質問」の答えを語り合ってみるのはいかがでしょう。

お子さんのことを、ぎゅっと抱きしめたくなるかもしれません。

 


 

<作者紹介>

●長田弘

1939年生まれ。

詩人・児童文学作家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。

早稲田大学第一文学部独文専修卒業。

1965年に詩集「われら新鮮な旅人」でデビュー。以来詩人として活躍する。代表作は児童向けの散文詩集「深呼吸の必要」でロングセラーとなる。1971年~1972年まで、アイオワ大学国際創作プログラム客員詩人を務めた。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
最初の質問
作:
長田 弘
絵:
いせひでこ
出版社:
講談社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら