かとりせんこう

 

寝苦しい夏の夜

決まってぷ~んと現れる あいつ

そう、夏の風物詩、蚊 の季節がやってきました。

 

表紙からけむりが流れていきます

けむりが もんもん かが ぽとん

けむりが もんもん しんぶんしの じが ぽとん ぽとん

 

あれあれ

次々ととんでもないものが落ちてしまいます。

とうとう お月様まで涙を落としてしまいました…

 

おばあちゃんちの夏の縁側のにおいがしてきそうな一冊です。

 


 

<作者紹介>

●田島征三(たしま せいぞう)

1940年、大阪府生まれ。幼少期を高知県で過ごす。多摩美術大学図案科卒業。大学在学中に手刷り絵本『しばてん』(1971年に改作し、偕成社より出版)を制作。

1969年より東京都西多摩郡日の出町で農耕生活を営みながら絵画や版画、絵本を制作。1988年、伊豆半島に移住する。絵本に『とべバッタ』『ふきまんぶく』(偕成社)、『ガオ』『おじぞうさん』(福音館書店)、『いろいろあっても あるきつづける』(光村教育図書)など多数。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
かとりせんこう
作:
田島 征三
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら