字のないはがき

むかし、にほんが戦争をしていたころのこと。

 

戦いがはげしくなってちいさな妹がそかいすることになりました。

お父さんはまだちゃんと字を書けない妹に

「元気なときは大きな○を書くように」と、

送り先の住所を書いた たくさんのはがきを渡しました。

 

えんそくにでもいくようにうれしそうに出発した妹。

でも、大きな○がついたはがきは、すぐに小さな○になり、

やがて×になってしまいます…

 

脚本家、エッセイスト、直木賞作家の

故・向田邦子さんのほんとうにあったおはなしです。

せんそうをしらないちいさいひとにもぜひ読んでほしい一冊です。

 


 

<作者紹介>

●原作 向田邦子(むこうだくにこ)

1929(昭和4)年、東京生れ。実践女子専門学校(現実践女子大学)卒。人気TV番組「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」など数多くの脚本を執筆する。1980年『思い出トランプ』に収録の「花の名前」他2作で直木賞受賞。著書に『父の詫び状』『男どき女どき』など。1981年8月22日、台湾旅行中、飛行機事故で死去。

 

●文 角田 光代(かくたみつよ)

1967年神奈川県生まれ。作家。90年『幸福な遊戯』(角川書店)で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』(幻冬舎)で野間文芸新人賞、05年『対岸の彼女』(文藝春秋)で直木賞、07年『八日目の蝉』(中央公論新社)で中央口論文芸賞を受賞。ほか受賞・著書多数。絵本の翻訳に『ヤコブと七人の悪党』(集英社)、『だいすき。』『ぼくは こころ』(学研)などがある。

 

●西加奈子(にしかなこ)

小説家。カイロ・大阪育ち。2004年「あおい」でデビュー。2013年「ふくわらい」で第1回河合隼雄物語賞、2015年「サラバ!」で第152回直木賞を受賞。他の著作に「きいろいゾウ」「しずく」などがある。東京在住。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
字のないはがき
作:
向田邦子
文:
角田 光代
絵:
西加奈子
出版社:
小学館

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら