夏のルール

 

夏のルールには、不思議で意味が分からないものが、たくさんあります。

 

「パーティーで残った最後のオリーブに手を出さないこと」

「合言葉を忘れないこと」

「夏の最後の一日を見のがさないこと」

 

その意味を知りたくて何度も読み返してしまう不思議な絵本。

 

そこに書かれているのは、

必ず覚えておかなくてはいけない、とてもとても大事なルール。

 


 

<作者紹介>

●ショーン・タン

1974年オーストラリア生まれ。

幼い頃から絵を描くことが得意で、学生時代にはSF雑誌で活躍。西オーストラリア大学では美術と英文学を修める。

これまでに発表したいずれの作品も卓越した内容と表現で評価が高く、オーストラリア児童図書賞など数々の賞を受賞。

作品は世界中で翻訳出版されている。

現代を代表する新進気鋭のイラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプトアーティストとして活動の場を広げている。

9年の歳月をかけて映画化した『ロスト・シング』で2011年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞 。

 

つかだ

オススメした人:つかだ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
夏のルール
作:
ショーン・タン
訳:
岸本 佐知子
出版社:
河出書房新社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら