きたかぜとたいよう

 

北風と太陽の力比べ!

旅人のマントをどちらが先に脱がすことができるか競争します。

 

北風はびゅーびゅーーー!

太陽はギラーンギラーン!

 

旅人は『ひーっ、さむい』『あー、あつい!』と大忙しです。

マントを早く脱がすことができるのは、どっちかな?

 

 

”きたかぜ”と”たいよう”の会話が愉快でとっても楽しい絵本です。

 


 

<作者紹介>

●蜂飼 耳

1974年、神奈川県生まれ。

早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。

詩集に『いまにもうるおっていく陣地』(紫陽社/第5回中原中也賞)『食うものは食われる夜』(思潮社/第56回芸術選奨文部科学大臣新人賞)などがある

 

●山福 朱実

1963年、福岡県生まれ。

イラストレーション等の仕事をへて、2004年より木版画を制作。

 

つかだ

オススメした人:つかだ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
きたかぜとたいよう
作:
蜂飼 耳
絵:
山福朱実
出版社:
岩崎書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら