ひまわり

 

はじまりは、小さなしましまの種。

 

たった1つの種は、芽を出し葉を広げ、

ぐんぐんと茎をのばし、美しい黄色の花に。

 

夏の太陽にも負けず、元気に大きな花を咲かせるひまわりは、

花が枯れた後にも2000個の種となり、翌年を待つのだそう。

 

さあ、本を開いて、ひまわりの一生を観察してみましょう。

 


 

<作者紹介>

●荒井 真紀

1965年東京生まれ。駒澤大学仏教学部禅学科卒業。1981年16歳の時より、熊田千佳慕氏に師事する。1984年第1回国立科学博物館主催ボタニカルアート展佳作に入選(同展第2回~第4回3年連続入選)。『たんぽぽ』(金の星社)は、2017年度ブラティスラヴァ世界絵本原画展、金のりんご賞を受賞。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ひまわり
作:
荒井 真紀
出版社:
金の星社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら