おおきな おおきな おいも

 

雨がふってえんきになってしまった、いもほりえんそく。

つまんない つまんない つまんない

こどもたちは、おおきなおいもを えがきはじめます。

おいもは、ヘリコプターでようちえんへ。プールにうかべてふねにしたり、いもざうるすをつくったり・・・

 

しろとくろの絵のなかにえがかれた、むらさき色の おおきな おおきな おいも。

たのしいそうぞうのせかいは、おいもパーティーのあとの おならで うちゅうまでとびあがります。

 

あなたも おおきな おおきな おいもをえがいてみたくなりませんか?

 


 

<作者紹介>

●赤羽 末吉

1910年東京生まれ。1932年渡満。戦後は子どものためのさし絵の仕事に情熱をかたむけ、1959年、日本童画会展で茂田井賞受賞。1965年には「ももたろう」(福音館書店刊)と「白いりゅう黒いりゅう」(岩波書店刊)で、さらに1968年には「スーホの白い馬」(福音館書店刊)で、それぞれサンケイ児童出版文化賞を受賞。1990年没。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
おおきな おおきな おいも
作:
原案:市村 久子
文:
赤羽 末吉
絵:
赤羽 末吉
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら