わたしのくらし 世界のくらし 地球にくらす7人の子どもたちのある1日

 

イタリア、ウガンダ、ロシア、イラン、インド、ペルー、日本。

7つの国の子どもたちの、あるふつうの1日を紹介します。

 

住んでいるところ、家族、学校に着ていく服、朝ごはん、通学路、学校の先生、授業のようす、名前の書きかた、放課後、お手伝い、夕ごはん、夜のすごしかた…

それぞれ違うところもあるけれど、家からみえる夜の空はみんな同じ。

 

同じ1日の時間を世界のべつの場所ですごす私たち。

それぞれの生活の窓から、文化や伝統のゆたかさをのぞいてみませんか。

 


 

<作者紹介>

●マット・ラマス

アメリカのイリノイ州シカゴに住む。

ロードアイランドデザイン学校を卒業。

『The Where,the Why,and the How』『The Who,the What,and the When』などといった本をつくっている。

賞をとったこともあるデザイン会社、ALSOの社員でもある。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
わたしのくらし 世界のくらし 地球にくらす7人の子どもたちのある1日
作:
マット・ラマス
訳:
おおつか のりこ
出版社:
汐文社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら