トイレの神様

 

9分52秒にわたる楽曲「トイレの神様」。

小学生の頃からの祖母とのふれあい、思春期、反抗、そして悲しい別れが描かれています。

 

この絵本は、その歌の世界を、文章と絵によって表現した1冊です。

 

夢に憧れ、追いかけている時には、身近にある本当に大切なものに

気付かないということを、静かに伝えてくれます。

 

「トイレを毎日ピカピカに掃除するとべっぴんさんになれるよ」という

お婆ちゃんの教えが、とても印象的です。

 

温かいタッチのイラストが、歌の歌詞とマッチして、女の子の成長を

優しく、感動的に表現しています。

 


 

<作者紹介>

●植村花菜

1983年 兵庫県川西市に生まれる。8歳の時、歌手になることを決意。2005年にシングル「大切な人」でメジャーデビュー。

アルバム「わたしのかけらたち」に収録された「トイレの神様」がロングヒット。

 

●とりごえまり

1965年石川県金沢市生まれ。

金沢美術工芸大学卒業。絵本作家、フリーのイラストレーターとして絵本のさし絵を中心に雑誌、教科書、パソコンソフトのイラストなどで活躍中。

「せんたくやのブラウニー」「とんだ、とんだ」「ハリネズミのくるりん」などがある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
トイレの神様
作:
植村花菜
絵:
とりごえ まり
出版社:
講談社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら