ごちゃまぜカメレオン

 

体の色を変えながら、平凡な暮らしをしていたカメレオン。

 

ある時、「ホッキョクグマみたいに大きくなりたいなあ」と思いました。

そして、「フラミンゴみたいになりたいなあ、キツネみたいになりたいなあ・・・」といろんな願いがわいてきて・・・

 

 

この作品は、作者が子供達から「動物の絵を描いて」とせがまれ、

注文に応じて動物の特徴ある部分を描きつないでいったのが、

誕生のきっかけだといわれています。

 

さあ、読み終えた後には・・・

楽しいお絵かきタイム♪がスタート!

 


 

<作者紹介>

●エリック・カール 1929年生まれ

アメリカの絵本作家。ニスを下塗りした薄紙に指や筆で色をつけた色紙を切り抜き、貼り付けていくコラージュの手法が特徴。
鮮やかな色彩感覚によって「絵本の魔術師」といわれる。
発表した絵本は40作以上にのぼり、39カ国語に翻訳され出版されている。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ごちゃまぜカメレオン
作:
エリック・カール
訳:
八木田 宜子
出版社:
偕成社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら