よい子への道

おふろで、決しておならをあつめてボンベにいれてはいけません。
留守番のとき、おふろでかんてんゼリーをつくるのもダメですよ。

 

よい子とは「悪いことをしない」じゃなくて
おもしろそうなことを 「いつかのお楽しみ」としてお取り置きできるひとなんですって!

 

この本にはたくさんの奇想天外な「してはいけないこと」が並んでいます。

 

よい子への道はよい大人への道に続いてるのかもしれません。

 


 

<作者紹介>

おかべ りか

1950年、埼玉県浦和市生まれ。

おもに児童書・絵本・育児誌などを中心に漫画や挿絵、翻訳などを手掛ける。
子どもの視点を中心にした鋭い観察眼と人物描写に基づくユーモラスな作風が特色。
著書に「パワー全開!!!赤ちゃんのお通り~」「イロイロあるぞ彼らの事情」など。2017年死去。

▷超福祉絵本展「すばらしき変人」でも紹介しております。

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
よい子への道
作:
おかべりか
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら