空の飛びかた

飛べると思えば、飛べないペンギンも飛べる。
さあ、航空力学のテストから始めよう。

 

わたしたちの周りには、いつの間にか当たり前になっていることが
たくさんありますが、もしかしたらそれは、違うのかもしれません。


空をはばたけると信じるペンギンと、
飛べないとわかっていても、ペンギンをあらゆる実験でサポートする「わたし」。

 

ふたりの最高のペアは、どこへ向かうのでしょうか。

 

「信じること」は、当たり前を壊してくれるのかもしれないですね。

 


 

<作者紹介>

ゼバスティアン・メッシェンモーザー

1980年、フランクフルト・アム・マインに生まれる。
2001
年からマインツやディジョンの美術大学で学ぶ。
在学中から絵本作家として活躍。
デビュー作である『空の飛びかた』(光村教育図書)は、全世界で注目を浴びた。そのほかに、『リスとお月さま』『りすとはじめての雪』(コンセル)がある。
現在、フランクフルト在住。

 

▷超福祉絵本展「みんな違うのかもしれない」でも紹介しております。

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
空の飛びかた
作:
ゼバスティアン・メッシェンモーザー
文:
ゼバスティアン・メッシェンモーザー
訳:
関口 裕昭
出版社:
光村教育図書

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら