よるのおと

男の子が池のほとりを歩いて、おじいさんの家に向かいます。

 

「こんばんは、おじいちゃん」と発するまでの数秒間の出来事。
その静かな夜の一瞬のようすが、透明感のある深いブルーの色彩の中、
小さなオノマトペだけで表現されている絵本です。

 

空にはお月さま、虫の小さな鳴き声。
水を飲むシカの親子の水音。
獲物を待ち構えるカエルの鳴き声。
遠くを走る列車の汽笛。

 

いつもなら、目にも耳にも入らないようなささやかな出来事に
ページをめくりながら、どんどん引き込まれていきます。

 

静寂の中、この瞬間にも命は巡っているのだと気付かされる一冊です。
どうぞ、手にとってページを開いてみてください。

 


 

<作者紹介>

たむらしげる

1949年 東京生まれ。桑沢デザイン研究所終了。

独特の詩情とユーモアのある世界をジャンルを越えて発表している。

作品に「アリとすいか」「おばけのコンサート」「ゆき ゆき ゆき」などがある。

 

▷超福祉絵本展「文字のない世界へ」でも紹介しております。

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
よるのおと
作:
たむら しげる
出版社:
偕成社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら