ライオンをかくすには

 

ライオンは帽子を買いに来ただけなのに、街は大騒ぎ。

追いかけられて、おままごとの小屋にかくれようとしているところを

小さな女の子、アイリスがかくまってくれます。

 

大きなライオンをかくすのってほんとにたいへん!

さて、アイリスは、いつまで

ライオンをかくしておけるでしょうか…。

 

かくれんぼのドキドキ感がなつかしい一冊。

後半のライオンの大活躍にも目が離せません。

 


 

<作者紹介>

●ヘレン・スティーヴンズ

イギリス、ダラム州出身。グラスゴー美術学校でイラストレーションを学ぶ。1988年に文と絵を手掛けた自身の絵本「I’m too busy」を出版。以後絵本の作品を多数発表している。現在はロンドン在住。著書に「おばあちゃんからライオンをかくすには」「ビクターとブッチ」などがある。

 

●さくまゆみこ

東京生まれ。出版社勤務を経て、翻訳家・編集となる。JBBY会長、「アフリカ子どもの本プロジェクト」代表。青山学院女子短期大学教授。著書に『エンザロ村のかまど』(福音館書店)、『どうしてアフリカ? どうして図書館?』(あかね書房)など。『かあさんをまつふゆ』翻訳で産経児童出版文化賞、日本絵本賞、ゲスナー賞などを受賞している。訳書に『ゆき』『シャーロットのおくりもの』(ともにあすなろ書房)、『くらやみのなかのゆめ』(小学館)、『ひとりひとりのやさしさ』『やくそく』(ともにBL出版)など多数。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ライオンをかくすには
作:
ヘレン・スティーヴンズ
訳:
さくま ゆみこ
出版社:
ブロンズ新社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら