だいすきな先生へ

 

この女の子は、学校がだいきらいでした。

読む?計算する?書く?ことより、とんだりはねたりするほうがだいすき。

 

でも、そんな女の子に、先生は、どんな時も寄り添い、

彼女が頑張りたくなるような、ステキな言葉をかけ続けました。

 

そして、一生忘れない、かけがいのない1年間を過ごしました。

 

2年生の最後の日、女の子は1年間の思い出を1枚の絵にして

先生にプレゼントしました。

先生は、「決して忘れないわ!」と言いました。

大人になった女の子も、今でも忘れていません。

 

そんな女の子が選んだ職業は、なんでしょう・・・?

最後のページを開いた瞬間、思わず胸が熱くなり、心が震える1冊です。

 


 

<作者紹介>

●デボラ・ホプキンソン

アメリカ、マサチューセッツ州生まれの作家。
子供の本、歴史小説など、50冊以上の著作がある。日本では、「サリバン先生とヘレン」「リンゴのたび」「ブロード街の12日間」などの作品が紹介されている。
「だいすきな先生へ」は、作者自らが小学2年生だった時の先生がモデルになっている。

 

●ナンシー・カーペンター

アメリカの絵本作家。40冊以上の作品を手がけ、高い評価を受けている。「よかったね、カモのおちびちゃん」「ちいさなこぐまのちいさなボート」などの作品がある。

 

●松川真弓

英米の絵本や物語を中心に活躍する翻訳家。
「ねえ、どれがいい?」「コロちゃんはどこ?」などの作品がある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
だいすきな先生へ
作:
デボラ・ホプキンソン
絵:
ナンシー・カーペンター
訳:
松川 真弓
出版社:
評論社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら