悲しい本

 

息子のエディを亡くした「私」の、どうすることもできない悲しみ。

誰かに話したい悲しみ。

でも、自分以外誰のものでもない悲しみ。

溢れて、消え失せてしまいたいほどの…

 

思い出は「私」をもっと悲しませます。

でももしかしたら、ぬくもりと何かの始まりを感じさせるのも

悲しみなのかもしれません。

 

どこかユーモラスな絵が、ことばの悲しさを引き立たせます。

 


 

<作者紹介>

●マイケル・ローゼン

1946年、イギリスのサウス・ハーロウに生まれる。オックスフォード大学卒業後、フリーランスのライター、教師、ジャーナリストを経験し、ラジオやテレビの仕事に携わる。作家としては、イギリス国内はもとより、アメリカでも数多くの賞を受賞。代表的な絵本の作品に「きょうはみんなでクマがりだ」(評論社)などがある。現在は、ロンドン東部のハックニー在住。携帯電話とユーモアとハーモニカをふくことをこよなく愛す。

 

●クェンティン・ブレイク

1932年、イギリスのケント州に生まれる。ケンブリッジ大学卒業後、チェルシー美術学校で学ぶ。絵本に「アーミテージさんのすてきなじてんしゃ」「ピエロくん」「みどりの船」(以上あかね書房)などがある。

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
悲しい本
文:
マイケル・ローゼン
絵:
クェンティン・ブレイク
訳:
谷川 俊太郎
出版社:
あかね書房

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら