ぼくは0てん

 

ぼくは0てん。

まわりには、いろいろな てんすう がいる。

ぼくは、100てんくんにあこがれたり、78てんさんに恋をしたり、

6てん、5てん、2てんの友だちと ちょっぴりわるいことをしてみたり・・・。

 

テスト用紙のうらにするラクガキがすきな ぼく は、

これからどうしよう?

 

ファッションデザイナーの作者が故郷へと帰る深夜バスの中で、

自分をかさねて思いついた ぼく の物語。

 


 

<作者紹介>

●山縣良和

1980年、鳥取県生まれ。ファッションデザイナー。高校を卒業後、大阪の専門学校に通うも中退。その後、渡英。2005年にセントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中に世界的ファッションデザイナーのジョン・ガリアーノのもとでデザインアシスタントを務める。2007年、自身のブランド「リトゥンアフターワーズ」を立ち上げ、ファッションを通して様々な表現を試みている。ファッション表現の学びの場「ここのがっこう」を主宰し、活躍するデザイナーを数多く輩出。著書に『ファッションは魔法』(坂部三樹郎との共著。朝日出版社)。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ぼくは0てん
作:
山縣良和
出版社:
朝日出版社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら