100年の旅

 

「100年の旅」は、1枚ずつページをめくると、

1つずつ歳を重ねていくような表現になっています。

 

それはどこかの世界の誰かのお話のようで、

今ここに生きるわたしのお話のような気もする。

わたしの過去も、未来の知るはずのないことも、

どちらも遠く身近に感じる。

 

旅の日記かもしれないけど、願いを綴る夢のノートのよう。

問いかけたり、迷ったり諭したりもしながら、

自分(他人)と出会っていく感覚を感じられる本です。

 

正解がないから、見え方はきっと自由自在だと思います。

人生という「不可思議」な、旅の本だから。

 


 

<作者紹介>

●ハイケ・フォーラ

おそらく、人生の今、中盤あたりにいる。ツァイト・マガジンの編集者で、この本を姪のパウラとロッタに捧げる。パウラとロッタは、赤ちゃんのとき著者にこの本のアイデアを与えてくれ、その何年後かには、実際につくる作業も助けてくれた。(本掲載の著者略歴を参照。)

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
100年の旅
作:
ハイケ・フォーラ
絵:
ヴァレリオ・ヴィダリ
訳:
前田 まゆみ
出版社:
かんき出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら