わたしは樹だ

 

はじめてこの本を手にした時に、「わたしは樹だ」という題名から

何ともいえない強い生命力のようなものを感じました。

 

その直感は的中!

屋久島を舞台に、何千年も立ち続けている樹が、みずからの命を語ってくれています。

力強い言葉による圧倒的な命の存在感。

ダイナミックに表現されているさし絵。

 

読んでるうちに、生きる勇気がフツフツとわきあがってきます。

 

また、この絵本は、全体、つながり、バランスなどの意味を含む

「ホリスティック」について考えさせてくれる1冊です。

あらためて、自分自身もこの「樹」のように、

あらゆるものとつながり合っていまここにあることに、気付かせてくれる絵本です。

 


 

<作者紹介>

●松田素子

1955年 山口県生まれ。

早稲田大学卒業後、偕成社に入社。雑誌「月刊MOE」の創刊メンバーとなり、同誌の編集長を務めた。1989年からは、フリーランスの編集者として絵本を中心に活動。数多くの絵本の誕生に関わってきた。作家としての作品に「ムーミンのたからもの」「ホネホネたんけんたい」「ナマケモノのいる森で」などがある。

 

●nakaban

1974年 広島県生まれ。現在、画家、絵本作家、イラストレーターとして活動。絵本に「ないたあかおに」「ネズネズのおえかき」「つきのなみだ」「ころころオレンジのおさんぽ」「みずいろのぞう」などがある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
わたしは樹だ
作:
松田 素子
絵:
nakaban(ナカバン)
出版社:
アノニマ・スタジオ

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら