7年目のランドセル

みんなが当たり前にかってもらったランドセル。

そのランドセルが、遠い世界のどこかで、また大切に使われています。

すてきな写真が、いろんな環境がある事と

ランドセルが持つ意味を教えてくれる作品です。

 


 

<作者紹介>

●内堀 タケシ

写真家。1955年東京生まれ。「日常」をテーマにルポルタージュを続け、海外取材は65か国に及ぶ。2001年よりアフガニスタンの取材を続けている。た、写真にまつわる教育にも関わり、「写真学習プログラム」や、環境問題をテーマにした「エコトーク写真授業」を公立の小学校を中心におこなう。

 

ひがしの

オススメした人:ひがしの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
7年目のランドセル
作:
内堀 タケシ
出版社:
国土社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら