さくら子のたんじょう日

 

小学生になると、1度は「わたしの名前、どうして○○なの?」

「ぼくはどうして生まれてきたの?」と身近な人に聞きたくなるもの。

 

2年生になったさくら子も、お母さんといっしょに、

自分の名前をもらったさくらの木に会いに行ったのですが、

その木は下半分が栗の木で、上半分が桜の木という不思議な木。

 

「みごも栗」と呼ばれ、赤ちゃんが欲しい人が

会いに来るようになった木だということを知ります。

 

やがて6年生になったさくら子は、

再び「みごも栗」の桜を見に行きます。

そして、自分のたんじょう日の出来事をお母さんから聞かされます…

 

せつないけれど、希望にみちてくるおはなし、

繊細なタッチのさし絵がさらに、優しい気持ちにさせてくれる絵本です。

 


 

<作者紹介>

●宮川ひろ

群馬県に生まれる。金華学園教員養成所卒業。
新日本童話教室に学んだ後「びわの実学校」に投稿。赤い鳥賞文学賞他数々の賞を受ける。
創作に「天使のいる教室」「先生のつうしんぼ」、絵本に「びゅんびゅんごまがまわったら」他作品多数。

 

●こみねゆら

熊本県に生まれる。東京芸術大学絵画科同大学院卒業。
フランスに留学し、絵本、人形の仕事を始める。
帰国後は日仏の絵本、さし絵を手がけている。絵本に「くつなおしの店」「おばあさんのうちへ」「おさんぽ」などがある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
さくら子のたんじょう日
作:
宮川 ひろ
絵:
こみねゆら
出版社:
童心社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら