きはなんにもいわないの

 

そよそよと風が気持ちのよい日、近所の公園ですーくんはお父さんにいいました。

「ねえ おとうさん きに なって」

 

木になったお父さんは、何をいっても

(きは なんにも いわないの)

と、声にださずにいうばかり。

すーくんが木をのぼりおりしても、自然の小さな出来事がとおりすぎても、木のねもとで女の子がうたをうたっていても

 

(きは なんいも いわないの)

 

と、そう、しずかに大胆に。

 

お父さんの遊びごころ。世界にふれるすーくんをだまって見守るやさしさが、木漏れ日のようにふりそそぎます。

 


 

<作者紹介>

●片山 健

1940年、東京都に生まれる。「タンゲくん」で講談社出版文化賞絵本賞を、「でんでんだいこのいのち」で小学館児童出版文化賞を受賞。絵本に「おやすみなさいコッコさん」「たのしいふゆごもり」、画集に「美しい日々」、エッセイ集に「わたしの遠足日記」などがある。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
きはなんにもいわないの
作:
片山 健
出版社:
復刊ドットコム 

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら