アマンダとくまの子

 

皆さんは、くまと家族になったことはありますか?

寝て起きたら、くまがベッドの中にいたことは…?

 

アマンダがおじさんからプレゼントされたのは、

小さなくまの子・アダムでした。

それから家族として、アダムとアマンダは一緒に暮らしていきます。

 

このおはなしのアマンダというおんなの子も、

くまの子アダムも、ほんとうにいたのです。

自然を心から愛したターシャ・テューダーの描く動物は、

その優しい心の声が聞こえてきそう。

表情豊かな登場人物と、本の装丁にもご注目ください。

 


 

<作者紹介>

●ターシャ・テューダー

1915年アメリカのボストンに生まれる。90冊以上の絵本を手がけた、アメリカではたいへん人気のある絵本作家。幼児期からほとんどを田園で暮らす。1972年バーモント州に移り住み、自然あふれる広大な敷地に18世紀の農家を模した家を建て、草花の世話をしながら、小動物とともに質素な一人暮らしを続けていた。作品に『コーギビルの村のまつり』、『ターシャ・テューダーの世界』などがある。2008年逝去。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
アマンダとくまの子
作:
ターシャ・テューダー
訳:
内藤里永子
出版社:
メディアファクトリー

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら