ながいながい ねこのおかあさん

 

ちいさなこねこと、ながいながいねこのおかあさんのおはなし。

 

ある風の強い日に、遠くまで飛ばされてしまったこねこは

おかあさんの体に沿って、顔を目指して歩き続けます。

 

声の聞こえるほうへ、あるいてあるいて…

とちゅうでおっぱいをのんで。

 

身体中で愛情を表現するふたりが、

愛らしく生き生きと描かれており色使いも魅力的です。

心温まるストーリーが、贈り物にもぴったりですね。

 


 

<作者紹介>

●キューライス

1985年栃木県出身。魚座、AB型。 高校生の頃から独学で短編アニメーションを作り始める。 東京造形大学アニメーション専攻一期生、同大学大学院卒業。2009年(株)東北新社企画演出部入社。 2017年退社。現在はフリーランスの漫画家、イラストレーター、演出家、アニメーション作家。

 

●ヒグチユウコ

画家・絵本作家。2019年に自身のギャラリー「ボリス雑貨店」をオープンし、定期的に個展を開催。近作には、描き下ろし画集『Fear』(ボリス文庫)を2021年2月に発売。著書は『せかいいちのねこ』『いらないねこ』『ほんやのねこ』『ギュスターヴくん』(白泉社)、『ヒグチユウコ 作品集』『BABEL Higuchi Yuko Artworks』『ヒグチユウコ画集 CIRCUS』(グラフィック社)など多数。現在、国内の美術館にて展覧会「ヒグチユウコ展 CIRCUS」を巡回中。2021年7月から上田市立美術館で開催予定。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ながいながい ねこのおかあさん
作:
キューライス
絵:
ヒグチユウコ
出版社:
白泉社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら