りすでんわ

 

「まちには、でんわ というべんりなものがあるらしい」

 

ある日、もりのりすかいぎで、でんわが議題になりました。

そこでさっそく、りすたちはでんわを作ってみることに!

 

背の高いアケボノスギを電信柱に、つるをあんだロープを電線に

みたてて、ねんどで作った電話機をとりつけて…さあ、開通です!?

 

ある晩、月がとってもきれいなことを、おばあちゃんに伝えたくて

りすのこは、でんわを使ってみることにしました。

 

さあ、りすのこは、はたして、おばあちゃんとでんわでおはなしが

できたのでしょうか?

 

なんともかわいらしい りすでんわ のおはなしです。

 


 

<作者紹介>

●高橋和枝

1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。イラストレーター、絵本作家。
主な著書に「くまくまちゃん」「にゃーこちゃん」「なにたべてるの?」「チキチキハッピーバースデー」などがある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
りすでんわ
作:
高橋 和枝
出版社:
白泉社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら