ブウさん、だいじょうぶ? ともだちが たいへんなことに なっていたら

 

やぎのメエさんは、今晩、おとなりのぶたのブウさんのおうちに

およばれしています。

メエさんが準備をしていると、おとなりの窓に、

泣いているブウさんの姿が見えました…。

 

メエさんは、ありとあらゆる「よくないこと」を想像して、

ブウさんを助けるためにいろいろなものを集めます。

おはな、モップ、チェス、新品のシャツ…

 

 

読み終えた私は、声に出していいたくなりました。

あなたがどんなときも、ちからになるよ!

 


 

<作者紹介>

●バレリー・ゴルバチョフ

1944年ウクライナ生まれ。ソ連時代に児童書の挿絵画家として活躍したのち、1991年アメリカに移住し、絵本作家として活躍。主な作品に『おかあさんがいちばん』『おとうさんがいちばん』『すてきなあまやどり』『ゆうびんやさんおねがいね』『クリストファーのしあわせないちにち』など。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ブウさん、だいじょうぶ? ともだちが たいへんなことに なっていたら
作:
バレリー・ゴルバチョフ
文:
監修: 三辺 律子
訳:
かわしま まなみ
出版社:
春陽堂書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら