アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

 

ブルドックおかあさんが見守るのは、4匹のこどもたち。

ロッキー、リッキー、ブルーノ、そしてアントワネット。

末っ子のアントワネットは、おにいちゃんたちとちがって、

まだ自分の「得意」が見つかっていません。

 

そんなとき、公園で一緒に遊んでいた

ウッラッラーがどこかへいなくなってしまって…

 

アントワネットの「さがしもの」は、ウッラッラーだけではないのかもしれませんね。

彼女の勇敢さを少し借りて、自分の個性を見つめたくなる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●ケリー・ディプッチオ

作家。絵本など、多くの子どもの本の文章を手がける。“Grace for President”と『ふたりのサンドウィッチ』(ティー・オーエンタテインメント)は、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに選ばれる。ミシガン州読書推進会のGwen Frostic Award(ミシガン州で識字に影響を与えた作家またはイラストレーターが選ばれる賞)を受賞。2012年“Crafty Chloe”でNAPPA Gold Awardを受賞。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
アントワネット わたしのたいせつなさがしもの
作:
ケリー・ディプッチオ
絵:
クリスチャン・ロビンソン
訳:
木坂 涼
出版社:
講談社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら