いちばん しあわせな おくりもの

 

ちょこちょこ走り回る「こりす」とのんびりやの「くまくん」。

ふたりは、日が昇ってから沈むまで、いつもいっしょでした。

 

あるひ、こりすは大好きなくまくんに一番喜ぶプレゼントをしたくて

たずねます。

「くまくんがほしいものってなあに?」

でも、くまくんは答えます。

「なんにもいらないよ。じてんしゃも、セーターも、はなたばも…」

 

すっかりしょんぼりしてしまったこりすは、くまくんにさけびます。

「どうすればうれしくなるの?何をしたらしあわせなの?」

 

さあ、はたしてくまくんはなんとこたえたでしょう…

 

いちばんのしあわせは何か…

そっと、やさしくおしえてくれる絵本です。

 


 

<作者紹介>

●宮野聡子

1976年 東京都生まれ。女子美術短期大学情報デザイン科卒業後、グラフィックデザイン会社、子どもの本専門店勤務を経て、絵本作家となる。作品に「ももちゃんとおかあさん」「えんそくおにぎり」「おぞうにくらべ」「ひなまつりのちらしずし」「パンツちゃんとはけたかな」などがある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
いちばん しあわせな おくりもの
作:
宮野 聡子
出版社:
教育画劇

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら