とうふこぞう

 

夜に豆腐を見せにくる、おばけをご存じですか?

 

豆腐をくれるわけではないのです。

‘見せるだけ‘です。

 

おばけとか妖怪と聞くと怖いイメージですが、ひょうきんな顔で

なんとも愛らしい。

 

手に持っている豆腐はどんな味だろう?

 

なんで豆腐をもっているんだろう?

 

いろいろ謎の多い”とうふこぞう”のお話です。

 


 

<作者紹介>

●京極夏彦

1963年生まれ。北海道小樽市出身。桑沢デザイン研究所を経て、広告代理店等に勤務の後、制作プロダクションを設立。アートディレクターとして、現在でもデザイン・装丁を手掛ける。現在、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員。関東水木会会員。怪談之怪発起人。古典遊戯研究会紙舞会員。全日本妖怪推進委員会肝煎。

 

●石黒亜矢子

1973年、千葉県生まれ。イラストレーターとして本の装丁画、挿絵などで活躍。著書に『平成物の怪図録』、装画に『豆腐小僧双六道中ふりだし』『豆腐小僧双六道中おやすみ本朝妖怪盛衰録』(いずれも著・京極夏彦)など、絵本に『おおきなねことちいさなねこ』がある。現在、千葉県在住。二児の母。

 

●東 雅夫

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。1982年『幻想文学』を創刊し、2003年まで編集長を務める。現在は怪談専門誌『幽』編集長。著書『遠野物語と怪談の時代』で、第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。編纂書に『文豪怪談傑作選』『てのひら怪談』『稲生モノノケ大全』などがある。「怪談えほん」シリーズの企画・監修をつとめる。

 

つかだ

オススメした人:つかだ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
とうふこぞう
作:
京極 夏彦
絵:
石黒 亜矢子
訳:
編:東 雅夫
出版社:
岩崎書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら