どうぶつたちのナンセンス絵本

 

とても風変わりな動物たちがたくさん登場します。

ぼうしをかぶったカバや夫人を食べてしまうワニ、

紳士のコートを脱がせるヤギ、キバをぬかれるイボイノシシ・・

ちなみに私のお気に入りは、ブロンクス動物園のとしとったチンパンジー。

 

表現力が豊かな詩と絵は、まさにナンセンス。

誰かに聞いてもらいたくなってしまいます。

 

この本を読んでから動物園に行くと、

いつもとちょっと違った楽しみ方ができるかも?

 


 

<作者紹介>

●マリー・ホール・エッツ

1895年アメリカ ウィスコンシン州生まれ。動物達と親しんだ幼児は、後のエッツに、決定的な影響をあたえる。「セシのポサダの日」(冨山房刊)でコルデコット賞受賞。「海のおばけオーリー」(岩波書店刊)、「もりのなか」(福音館書店刊)などの作品がある。

 

スギモリ

オススメした人:スギモリ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
どうぶつたちのナンセンス絵本
作:
マリー・ホール・エッツ
訳:
小宮 由
出版社:
KTC中央出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら