からすのおかしやさん

 

舞台は、いずみがもりのからすのパンやさん。

おとうさん、おかあさんがパンを焼き、

チョコちゃん、リンゴちゃん、レモンちゃん、オモチちゃんがパンを売っています。

 

ときが経ち、チョコくん、オモチくんは立派なカラスの若者に、

リンゴさん、レモンさんはきれいなからすの娘になりました。

 

 

ある日、チョコくんはとうさんの真似をして小麦粉で生地を作り、

たくさんのクッキーを焼きます。

肝心のお味のほうは…う~ん。。。

 

そこへお菓子作りが大好きな、お友達のミミちゃんがやって来て、

手伝ってくれることになりました。

 

パンやさんがおかしやさんにどうやって変身したのかな…?

 

かこさとしさんらしい、丁寧でリアルな描写に大人も夢中になる作品です。

 


 

<作者紹介>

●かこさとし

1926年福井県武生市(現越前市)生まれ。大学卒業後、民間企業の研究所に勤務しながらセツルメント運動、児童会活動に従事。1973年退社後、作家活動、児童文化の研究、大学講師などに従事。作品は500点以上。代表作として「からすのパンやさん」「どろぼうがっこう」(偕成社)「だるまちゃん」のシリーズ(福音館書店)、「こどもの行事しぜんと生活」シリーズ(小峰書店)などがある。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
からすのおかしやさん
作:
かこ さとし
出版社:
偕成社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら