すきって いわなきゃ だめ?

 

「すき」は、相手に伝えないといけないのかな。

 

主人公には、すきなひとがいます。

その気持ちを名前であらわすことは本当にはできないけれど、たしかに心にあります。

言わないでも、その気持ちを大事にもつのはいけないのでしょうか。

 

 

ひとつのさわやかな可能性が描かれる最後のページまで、「すき」の風景をおもいながら。

 


 

<作者紹介>

●辻村 深月

1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞、2018年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞受賞。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
すきって いわなきゃ だめ?
作:
辻村 深月
文:
瀧井 朝世
絵:
今日マチ子
出版社:
岩崎書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら