ケチャップマン

 

作者、鈴木のりたけさんの幻のデビュー作が復刊しました。

詩のようなリズムが独特です。

大人向けと思いきやお子さんにも人気の一冊。

 

自分にしかできない何かを探し求め、毎日悩むケチャップマン。

 

迫力ある絵と七五調のもの悲しいリズムで、シュールな日常が展開されます。

迷ったり、悩んだりしながら生き方を探し、

人気者になっても心の変化はさほど無く、

自分はただひたすらに自分なのだ

…もはや悟りの境地?

 

読むたびにそのシュールさに細かな笑いがこみ上げます。

おすすめの「のりたけワールド」です。

 


 

<作者紹介>

●鈴木 のりたけ(すずきのりたけ)

1975年、静岡県浜松市生まれ。会社員、グラフィックデザイナーを経て、絵本作家に。『ぼくのトイレ』(PHP研究所)で第17回日本絵本賞読者賞、『しごとば 東京スカイツリー』(ブロンズ新社)で第62回小学館児童出版文化賞を受賞。 主な作品に、「しごとば」シリーズ(ブロンズ新社)、『かわ』(幻冬舎)、『おしりをしりたい』(小学館)、『そだてば』(朝日新聞出版)などがある。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ケチャップマン
作:
鈴木 のりたけ
出版社:
ブロンズ新社 

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら