つなひき

 

くる日もくる日も かば と ぞう にからかわれ、すっかりうんざりしていた のうさぎ が かんがえた うまいさくせん。

 

それぞれにもちかけた つなひきしょうぶ、

じつは かば と ぞう に ひっぱりあわせる というものだった・・・!

 

 

アフリカにつたわる民話がもとになったおはなし。

谷川俊太郎さんの粋な訳もたのしいです。

 

 

はたして、つなひき のなりゆきは・・・?

 


 

<作者紹介>

●ジョン・バーニンガム

1936年イギリスのサリー州に生まれる。若いころは、兵役を拒否し、さまざまな仕事をしながら世界中をまわった。その後、ロンドンにある美術学校に通いながらイラストの勉強をし、ポスターなどを描いていたが、はじめて手がけた絵本『ボルカはねなしガチョウのぼうけん』でケイト・グリーナウェイ賞を受賞、絵本作家として鮮烈にデビューした。その後『ガンピーさんのふなあそび』で再度受賞し、この賞を2度受賞したはじめてのイラストレーターとなる。『ガンピーさんのドライブ』『おじいちゃん』『ねんころりん』『旅するベッド』『エドワルド せかいでいちばんおぞましいおとこのこ』など多数の作品を発表しており、いま、世界で最も注目されている絵本作家のひとり。夫人は著名な絵本作家であるヘレン・オクセンバリー。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
つなひき
作:
ジョン・バーニンガム
訳:
谷川 俊太郎
出版社:
BL出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら