密林一きれいなひょうの話

 

つやつや、ぴかぴかの、はんてん が自慢のひょうのお話です。

ある日「はあっくしょん!」とくしゃみをして目が覚めると、

なんと はんてん がたった3まいになっていました。

 

探しに行ったさきでは、残りの大事な3まいも他の動物に

ほしいと言われ、あげてしまいます…

 

ちょっとドジで、クスっと笑える、心の声が面白いひょう。

そして、なんだか応援したくなる、みんなを幸せにするひょう!

「密林一きれいなひょう」がどんな姿なのか、

絵本を読んで確かめてみてください。

 


 

<作者紹介>

●工藤 直子

1935年、台湾生れ。詩人、童話作家。お茶の水女子大学中国文学科卒業。『てつがくのライオン』(理論社、現在復刊ドットコムより刊行)で日本児童文学者協会新人賞、『ともだちは海のにおい』(理論社)でサンケイ児童出版文化賞受賞、『のはらうたV』で野間児童文芸賞受賞。第27回巌谷小波文芸賞受賞。 多くの詩集、エッセイ、絵本を出版し、絵本の翻訳も多く手掛けている。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
密林一きれいなひょうの話
作:
工藤 直子
絵:
和田 誠
出版社:
瑞雲舎

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら