梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし

 

酒井駒子さんの繊細で幻想的な絵の美しさもさることながら、

イタリアの人々が語り継いできたストーリーもとても豊かな1冊。

 

お話は、聡明で心優しい女の子が主人公の、イタリアの民話です。

梨の子ペリーナは父や王様から理不尽な扱いも受けますが、

あたたかい心をなくさずに、他者の苦しみを解放しながら試練を乗り越えていきます。

 

途中に出てくる「血の川」や、髪をむしる「かまどの女」は少々不気味ですが、

日本の民話にはあまり見られない、ロマンティックなラストも魅力的。

イタリアでは果物の化身はいずれも女の子なのだそうですよ。

 


 

●イタロ・カルヴィーノ

1923年、キューバ生まれ。現代イタリアを代表する作家。著書に『まっぷたつの子爵』『イタリア民話集』(岩波書店)『木のぼり男爵』『不在の騎士』(白水社)、子ども向けの作品に『マルコヴァルドさんの四季』『みどりの小鳥−イタリア民話選』(岩波書店)など。1985年没。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし
作:
イタロ・カルヴィーノ
絵:
酒井 駒子
訳:
関口 英子
出版社:
BL出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら