おさるとぼうしうり

 

帽子を頭の上にのせながら売り歩くユニークな帽子売りのお話です。

 

帽子売りがひと休みしていると、猿に帽子を取られてしまいます。

 

帽子を返してもらおうと声をかけるのですが、

マネをするだけで全然返してもらえません。

 

腹をたてた帽子売りが、ある行動をしたら、

マネっこ猿は、一斉に帽子を返してくれたのです。

 

さて帽子売りは、いったいどのようにして帽子を取り戻したのでしょう。

 

シュールなイラストが物語にぴったりで、何度も読みたくなる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●エズフィール・スロボドキーナ

1909年、ロシアのシベリアに生まれる。アメリカに渡り、絵本作家・挿絵画家として活躍する。2002年没。

 

●まつおかきょうこ

神戸生まれ。公益財団法人東京子ども図書館理事長。大社玲子氏との仕事に「みしのたくかにと」(福音館書店)、「なぞなぞのすきな女の子」(学研)などがある。絵本、創作、翻訳作品などロングセラーの著書多数。

 

スギモリ

オススメした人:スギモリ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
おさるとぼうしうり
作:
エズフィール・スロボドキーナ
訳:
松岡 享子
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら