雪の女王

 

「青いスミレがつめられた、赤い絹のかけふとんのベッドで、

婚礼の日のお姫さまのような、たのしい夢を見てねむりました」

 

言葉の端々にみずみずしくロマンが輝く、デンマークの

代表的な童話作家・アンデルセンの物語。

まずしい子どものカイとゲルダが主人公のお話です。

 

挿絵を描いたのは、フィンランドのファッションブランド

「Marimekko」のデザイナーとしても活躍するサンナ・アンヌッカ。

ひとりで読むなら小学校中学年以上向けの物語ですが、

挿絵と装丁を眺めても、うっとりと楽しめますね。

 

眠る前に優しく読んでもらえたらどんなに素敵でしょうか…

壮大なファンタジーです。

 


 

<作者紹介>

●ハンス・クリスチャン・アンデルセン

1805年デンマ-ク・オーデンセ生まれ。貧しい靴屋に生まれ、14歳でオペラ歌手を志しコベンハーゲンに行くも挫折。政治家の助けによリ大学に入学し、哲学などを学んだ。その後、小説『即興詩人』を発表し、『みにくいあひるの子』 『人魚短』 『マッチ売りの少女』など約160篇の童話を残した。 『雪の女王』は1844年の作品。生涯独身のまま70歳で亡くなり、 その葬儀にはデンマークの王太子も参列した。

 

●サンナ・アンヌッカ

1983年イギリス・ブライトン生まれ。ブライトン大学で絵を学び、ブライトンを拠点にテキスタイルデザイナー、イラストレーターとして活動している。フィンランドのファッションブランドMarimekkoのデザイナーとしても活躍。幼少期から昔話やストーリーテリングに親しみ、夏に母方の故郷であるフィンランドの森や湖が豊かな美しい村で過ごしていたことが創作の源となっている。世界の伝統や文化を作品に取り入れ、柄の中に物語を織り成すことを大切にしている。本作は『モミの木』に続く2作目の書籍。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
雪の女王
作:
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
絵:
サンナ・アンヌッカ
訳:
小宮 由
出版社:
アノニマ・スタジオ

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら