わすれもの

 

公園のベンチにぽつんと忘れられた、ひつじのぬいぐるみ が主人公の

おはなし。

 

男の子に声をかけられても、カラスにつつかれても、

猫に「すてられたのかい?」と言われても…

 

「自分はすてられたんしゃない、ちょっとわすれものになっただけ…」

というひつじの思いに、思わず「だいじょうぶよ」と

声をかけてあげたくなってしまいます。

 

ぬいぐるみの目線で語られていく様々な思いが、お話の後半で

やさしい展開に繋がり、読み終えた後に心に虹がかかるような…

 

そんな1冊です。

 


 

<作者紹介>

●豊福まきこ

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。
広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務したのち、フリーランスのイラストレーターに転身。新聞・雑誌・バレエ専門誌・児童書籍の挿絵など幅広く手がける。絵本は本書がデビュー作となる。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
わすれもの
作:
豊福 まきこ
出版社:
BL出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら