てぶくろ

おばあさんにもらった手袋をはめて男の子は森へ出かけました。

夢中で遊んでいるうちに大切な手袋を落としてしまいます。

 

もごもごもご雪の中からもぐらが現れて

男の子の手袋を見つけました。

「なんてあったかそうなてぶくろだろう、そうだぼくのおうちにしよう!」と手袋をおうちにしてしまいます。

 

すると、うさぎやはりねずみ、ふくろうにあなぐま・・

次から次へ動物たちが手袋の中へやってきました。

 

いったい男の子の手袋はどうなってしまうのでしょう!?

 

寒い季節にぴったりの絵本です。

暖かいお部屋で読んでみてくださいね。

 


 

<作者紹介>

●colobockle(たちもとみちこ)

石川県金沢市出身。大阪芸術大学デザイン学科視覚情報デザイン学科卒。 大阪芸術大学文藝学科客員准教授、同短期大学部客員准教授。絵本をはじめ、イラストレーション、映像、玩具、雑貨、クラフトなど様々なジャンルで「子ども」をテーマに創造性豊かでユーモラスな世界を繰り広げ遊び心をもった作品を発表し続けている。

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
てぶくろ
作:
colobockle(たちもとみちこ)
出版社:
ブロンズ新社 

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら