おふとんかけて!

 

さむ~い まいにち、おとなはふとんが恋しいですね。

でも、元気な子どもたちは、なかなか簡単には眠ってくれません。

 

そろそろ、おやすみのじかん。

「おふとん かけて ほしいこ、だあれ?」と聞くと

ぶたさん、ぞうさん、くじゃくさんまで元気に手をあげてくれました。

でも…みんなすぐに眠れるかしら?

 

めくると布団になっているページがあり、

寝ている動物たちに掛けられるようになっています。

 

繰り返し何度もめくりたくなる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●ディーン・ハコエン

コピーライターを経て、シェリーと出会う。「異なる要素のものをくみあわせることが面白いアイデアを生む」と言い、それが「おふとんかけて」の本のページを毛布として使う発想につながった。現在NY在住。

 

●シェリー・シャーシュミット

アートディレクターとして活躍。犬や猫をモチーフにした判じ絵の画家としても知られている。現在シカゴに住んでいる。

 

●石津ちひろ

1953年愛媛県生まれ。フランスで3年間すごしたのち、作家、翻訳家として活躍中。創作では「あしたうちにねこがくるの」(講談社)など、翻訳も多く手掛けている。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
おふとんかけて!
作:
ディーン ハコエン
文:
シェリー シャーシュミット
訳:
いしづ ちひろ
出版社:
BL出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら