こいぬのうんち

 

韓国生まれの絵本です。

 

きたなくて、なにも役に立たない自分が

悔しくて悲しくて情けなくなってしまった、こいぬのうんち。

寂しさで胸がいっぱいのこいぬのうんちを

「必要だ」と言ったのは、たんぽぽの芽でした。

 

うんちがたんぽぽを抱きしめる場面では胸が熱くなります。

 

必要とされたくて、必要としている。

だれもがたんぽぽで、だれもがこいぬのうんち…

なのかもしれません。

 


 

<作者紹介>

●クオン・ジョンセン

1937年東京生まれ。祖国の解放後、10歳で帰国。『朝鮮日報』の新春文芸賞を受賞し、作家デビュー、韓国の国民的詩人・児童文学作家となる。戦争体験や長い闘病生活を通して、子どもたちへの愛情や平和への思いを作品にあらわし続けた。2007年逝去。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
こいぬのうんち
作:
クオン・ジョンセン
絵:
チョン・スンガク
訳:
ピョン・キジャ
出版社:
平凡社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら